イヤホンジャック

パワーストーンはなぜ店によって価格が統一じゃないの?

パワーストーンは、種類も様々ながら、その値段も異なっています。
イメージとしては、同じダイヤでも磨きや原産地、カラットによって値段が異なることとか、薬や漢方は、種類によって単価が違う、などといったことと似ているかもしれません。
パワーストーンは、専門店だと値段が高いのが一般的です。

一方で、通販やお土産屋さんのパワーストーンは、激安で販売しているところが多いようです。
こうした値段による違いで、効果も異なるのでしょうか?気になるところですよね。
まず、パワーストーンの専門店では、原産地や品質にこだわって、専門的な知識を有する人間が仕入れをしています。

ですから、専門家の目にはおのずと高い石が留まることがあると言われます。
宝石のばいやーなんかも、良い宝石に目が行ってしまうというのはとても有名な話です。
それぞれの専門分野ですから、当然のことかもしれませんね。

その一方で、通販については、大量仕入れなどの流通方法が影響しているようです。
通販の場合、送料も安く済ませることができるのは、流通ルートで商品の単価を下げることが実現できているからであって値段に合わせて石の価値を下げているというわけではありません。
また、免税店などのお土産屋などにあるパワーストーンの商品は、産出量が大量で、安定しているルートで仕入れているストーンのためです。
安価なストーンは、そのように、石へのこだわりよりも流通の利便さによって価格を下げたものであるといえます。

また、パワーストーンの値段は、人気にも左右されるところがあります。
そのものが希少で、世界的にも人気のものが効果になる傾向があります。
これは宝石も同様ですし、たとえば、アロマなんかにも同じことが言えます。
人気の高いラベンダーやローズなどの、花びらから採れるような丁寧なオイルは人気があり、他の樹木から採れるようなアロマよりも値段は高めに設定されています。

宝石の王様、ダイヤモンドも、素人が見てもわかりませんが、見た目の違いは無いものの、安いダイヤモンドもたくさん流通しています。
そうした安価なダイヤモンドよりも、本物の高価なダイヤモンドのほうが、実は売れていたりします。
このように、価格が異なっている理由は、流通ルートや、人気などの、その時の状況なども影響するのです。

Copyright(C) 2013 生活を豊かにする方法 All Rights Reserved.