イヤホンジャック

色別のパワーストーンの効果はどんな物があるの?

パワーストーンには、石にもたくさんの種類がありますが、その中でも色に特化した効果もあります。
ここでは、その代表的な色を紹介しつつ、どんな効果があるのかを知ってください。
ますは、「白」です。
リセットや浄化、守護などの潔白な象徴で知られる白の持つ意味は、「金」の気を持っており、出世運や事業運に関わっているとされます。
そのため、明るい場所である玄関や、リビングなどの日が入る場所に、透明や白の水晶を置くと良いといわれています。

頭頂には、第7番目のチャクラがあり、その色が白。
その人本来の心、精神の調和やバランスを整えてくれます。
瞑想や、ヨガをする空間に白や透明の石があると、より効果的です。

そして、「紫」。
精神を沈静させる色です。
紫は古くから高貴な色とされ、エレガントな印象を強めてくれる色なのでインテリアにも使われることが多いでしょう。
適度に活性すれば、直感力や判断力にも良いので、仕事運などを願う人にはおすすめ。
その結果、自分に自信がつくと言われます。

自分の望む進路、恋愛や人間関係における方向性や相性などがはっきりして来るように促します。
濃い「青」は、集中力や思考力、決断力などの精神の動きをコントロールするので、仕事運のアップが期待できます。
この青は、女性らしい「ピンク色」との相性が良く、愛情や家族愛などの温かい色と反面の色を持ちますが、判断や決断を導く色なので、ピンクと相性がよく、愛の成就や幸福感をもたらす色の組み合わせとされます。
「ピンク」は、女性ホルモンのバランスを整え、美容に良いとされるので、お肌に影響すると言われるストレスからの解放と愛らしさを引き出してくれる効果があります。
恋愛の成就のために女性が最も多く持っている色でしょう。

他にもたくさんあります。
緑色は、体に安らぎを与える色で、心身のバランスを整え、人間の成長や健康を促します。
太陽をイメージさせるイエローやゴールドは、希望。
創造力、豊かさなどの象徴。
赤は、情熱や家族の絆などの強いイメージ。
活力を戻し、力強い効能があります。

また、黒は、全てを含む色で、重厚感や落ち着きから、災い除け、魔よけ、そして、達成やリセットの力があるとされています。
ここではすべて説明できませんが、これほど石の種類があるので、石の組み合わせもたくさんあります。
それぞれの模様も様々で、縞になっているものやまだら模様、特徴があります。
こうしたバラエティがファッションを楽しめる理由になっており商品も多様化しているのかもしれませんね。

Copyright(C) 2013 生活を豊かにする方法 All Rights Reserved.