イヤホンジャック

パワーストーンで病気は治るって本当?

パワーストーンの効果や情報を載せているサイトが最近よく見かけられます。
人が、こうなりたい、という願いを込めて、パワーストーンは、多くの人が身に着けているアクセサリーの一部です。
特に、病気に対しての効能なども多くの種類があり、その幅は、病気をしないようにといった厄除けの役目をもったものから、現在のお悩みの健康問題に対する治癒を願ったものまで、本当に様々です。
病気と言っても、人それぞれで、肩こり、眼精疲労、むくみ、新陳代謝、美肌、デトックスなどの健康状態にたいしての向上をはかるもの、それから、呼吸器系の病気、腎臓・肝臓の病気、また心臓病や糖尿病などの循環器系疾患まで、病気の重さに関わらず、からだ全身の不調に対して効果があると言われます。

病気とパワーストーンとの関係は、古代から現代までこうして多くの人に効果を信じられてきましたが、必ずしもすべての人に効果を発揮するとは思ってはいけません。
ここが、パワーストーンを持つ人の、ご利益の分かれ目となります。
パワーストーンは、治す、という働きはもっていません。
日々の健康状態を回復、促進させようと努めている人に、そのサポート役として毎日体の一部となってくれているもの、と認識したほうが正しいかもしれません。

エネルギーは、負のエネルギーは連鎖すると言われますし、がんばってポジティブな状態に自分で持って行けることができる人に、その世のエネルギーは向くと言われます。
パワーストーンも、何かここぞということがあったときに念を込めることはもっともです。
もし、効果がないとパワーストーンを疑っている人がいたとしたら、もしかしてストーン任せになっていませんか?

病気も、治療をがんばっている人に、パワーストーンは力を貸してくれるものです。
よく聞かれるのが、現在頑張ってご自身の治療に励んでいる人が、それに不随して次々ほかの体調不良や災いが起きないように、また、平癒に向かうようにと、厄除けや護身としてパワーストーンの力を借りたいと考えている人も多いようです。
このように、持つ人の気を左右するパワーストーンは、持っていると不思議と良い方向に向かってくれると信じて毎日を送ることができるというわけです。

Copyright(C) 2013 生活を豊かにする方法 All Rights Reserved.