イヤホンジャック

そもそもパワーストーンって効果をもたらしてくれているの?

パワーストーンは、「お守り」や「護符」としての役割を持っていたとされます。
冒頭からはっきりというのもなんですが、なにもしないで幸運がおとずれたり、病気が治ったりといった、非現実的なことは起こりません。
パワーストーンは、アクセサリー感覚で身に着ける「お守り」のような存在として持っている人の少なくないでしょう。

そのため、アクアセサリー、携帯ストラップなど、様々な形で商品が流通しています。
その効果は気になるものですが、実は、パワーストーンの効力を発揮するのは、あなた自身に関わってくるのです。
パワーストーンをもつ人の身体の状態、そして、こころの状態や、石への意識によって、効果へのファクターが変わってきます。

ですから、完全にパワーストーン任せにしていると、石は力を貸してはくれません。
石は、自然の摂理に則って存在しています。
また、人のもつオーラと共鳴するものなのです。
石のエネルギーは、大小のエネルギー差はあるものの、プラスマイナスのエネルギーの向きはなく、非常に純粋なものです。

そうした石は、持つ人にも向き不向きがあり、かならずしも全員にとって効果があるとは言えないものです。
もし、ある石を持って、自分の望むようなとても良い状況になったという人がいたとしたら、
それはその人のもつオーラにとても相性の良い石で、結果的に良い念を感じ取ることができたからでしょう。

違う人が持ったら、まったく何もおこらずに石を疑うこととなり、かえって石にとって良くない感情を溜めることになってしまいます。
このように、人間の心の状況や石を持つ人の意識によって、石に余分なエネルギーを与えてしまうことになります。
もし、まったく効果がないと思ったら、石を水で浄化したりして、不要な念を取り除くことをおすすめします。
石も、エネルギーを持っているということは、人間と同じように疲れてしまうこともあるのです。
そのために、浄化や、自分の心も豊かにする必要があります。

Copyright(C) 2013 生活を豊かにする方法 All Rights Reserved.